Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
PROFILE
SPECIAL
BlogPeople
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
MARU TEN TEN
POUPEEGIRL
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
ARCHIVES
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
007 / カジノロワイヤル

CASINO ROYALE
(2006年 アメリカ,イギリス)


007シリーズってあまり好きではなかったのですが
(政治的要素がいっぱいのため)
これはエンターテイメントとして楽しめました。
人間味あるボンドが見れました。

「My name is Bond, James Bond」

新しいボンドは良かったと思う。
思ったよりもかっこよかったし。笑
あまり好きな俳優さんではなかったけど
ちょっとイメージ変わりました。
なんせスーツ姿がとても魅力的ですので。笑

エヴァ・グリーンがボンドガールってどうなの!?
と言う意見もよく聞きましたが
あたしは好きでした。
個人的に好きな女優さんです。笑

| cinema | 20:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
スパイダーマン3

SPIDER-MAN 3
(2007年 アメリカ)


スクリーンで観る迫力は凄いと思う。
真剣に目でスパイディを追っていると
一番後ろで観ていても 多少酔いそうになる。

今回もなかなか良かったのではないでしょうか。
ちょっと泣いてしまいましたよあたし。
ホロリとね。
なんなんでしょうね、この切なさ。
人との繋がり。

でも切ないだけじゃなくって
楽しい場面もあるわけで。
ちゃんと笑わせてもらいました。
と言うか、前の方で めっちゃ笑ってる人が居て
思わずつられて笑ってしまいました。

さて、スパイダーマン4はどうなるんでしょうか!?
このキャストのままいって欲しい。
ここまできたんやし。

余談ですが
映画を観てユニバ(USJ)に行きたくなりました。
| cinema | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
クィーン

THE QUEEN
(2006年 イギリス,フランス,イタリア)


エリザベス女王を演じる ヘレン・ミレンが
本当に良く似ていて
コレは本当の話なのではないだろうかと思ってしまった。

これはイギリスに行ったときにも感じた事やけど
英国は日本と比べて かなり開かれた王室だよね。
(と言うか 日本と比べるのがどうかとは思うけど)
こういう映画がつくれちゃうんやもん。

もうすぐ ダイアナ元妃没後10年なんですね。
もうそんなに経つのかぁ〜と。

王室が車のブレーキに細工したとか
パパラッチとのカーチェイスが原因とか
いろいろと憶測はあるけど
本当の事なんて分かんないよね。

エリザベス女王にとってダイアナさんは
悩みの種の1つであった訳やけど
しきたりを重んじてきたエリザベス女王に
新しい風をもたらした人でもあったんだなって思った。

ダイアナさんが亡くなった事に
昔のしきたりを通して 声明を出さない王室に国民は不満。
女王もまた王室と国民の板挟みで苦悩。
でも、責務を果たそうとストイックに生きている女王は凄いよね。
| cinema | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
マリー・アントワネット -DVD-
マリー・アントワネット (通常版)
マリー・アントワネット (通常版)
キルスティン・ダンスト

7月19日 待ちに待ったDVD on sale!
限定版が欲しい所ですが
お財布に優しい通常版を購入。
パッケージはブルーの限定版の方が好きですが
こっちはこっちで
なにやらカバーを付けると可愛くなるみたいです☆

Amazonなら下記の値段で買えます。
(上記載画像クリックでAmazonへ飛べます)

初回生産限定版
¥10,29 → ¥7,718

通常版
¥3,990 → ¥2,993
| cinema | 21:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
ベルヴィル・ランデブー

LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE
(2002年 フランス,ベルギー,カナダ)


フレンチアニメ。
ちょっとシュールな大人アニメかな。
台詞が少ない分
想像が膨らんで 観ていて楽しかったです。
多分 その人その人の想像の仕方で
いろんなストーリーができるんじゃないかと思う。

絵が独特やし(体の一部が極端にデフォルメされたキャラクター)
暗めのタッチやし
好き嫌いが分かれる作品やと思います。
「意味分からん」って言ってしまえば
それまでですし…。

でも、台詞が少なすぎるわりには 
ストーリーは分かりやすいと思います。
どことなくノスタルジックで
インパクトのある作品でした。
あたしは好きです!

音楽もとても良かったので
チェックです♪
| cinema | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
クラッシュ

CRASH
(2004年 アメリカ)


差別。偏見。

日本では 人種差別に接する事がアメリカのように多くは無い。
でも、いろんな意味の差別は 山のようにあって
コレって一生なくならないもののような気がする。

「差別はイケナイ事」なんて
誰もが解ってることなのに
それが無くならないのは
色眼鏡をかけて生活してしまっているから。

衝突して初めて 分かる事って沢山あるんですよね。
| cinema | 11:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
三年身籠る

三年身籠る
(2005年 日本)


西島さん好きなんだぁ。
西島秀俊。
雰囲気がとても好きだ。


で、この映画
オセロの中島さんが素朴なの。可愛いの。
奇怪でメルヘンな話し。

主人公は冬子(中島さん)のようやけど
実は夫 徹(西島さん)のような気がする。
どうしようもない夫が 少しずつ少しずつ変化していって
少しずつ 少しずつ 父親の顔になっていく。
| cinema | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |