Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
PROFILE
SPECIAL
BlogPeople
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
MARU TEN TEN
POUPEEGIRL
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
ARCHIVES
OTHERS
<< マリー・アントワネット -DVD- | main | 走れメロス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
クィーン

THE QUEEN
(2006年 イギリス,フランス,イタリア)


エリザベス女王を演じる ヘレン・ミレンが
本当に良く似ていて
コレは本当の話なのではないだろうかと思ってしまった。

これはイギリスに行ったときにも感じた事やけど
英国は日本と比べて かなり開かれた王室だよね。
(と言うか 日本と比べるのがどうかとは思うけど)
こういう映画がつくれちゃうんやもん。

もうすぐ ダイアナ元妃没後10年なんですね。
もうそんなに経つのかぁ〜と。

王室が車のブレーキに細工したとか
パパラッチとのカーチェイスが原因とか
いろいろと憶測はあるけど
本当の事なんて分かんないよね。

エリザベス女王にとってダイアナさんは
悩みの種の1つであった訳やけど
しきたりを重んじてきたエリザベス女王に
新しい風をもたらした人でもあったんだなって思った。

ダイアナさんが亡くなった事に
昔のしきたりを通して 声明を出さない王室に国民は不満。
女王もまた王室と国民の板挟みで苦悩。
でも、責務を果たそうとストイックに生きている女王は凄いよね。
| cinema | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | - |









http://skylight.jugem.cc/trackback/313